運用完了

ちくらつなぐホテル

ちくらつなぐホテル優待

優待付与対象の方

「ちくらつなぐホテル」に10万円以上の投資をした投資家様
※個人の場合:投資家及びその親族(二親等以内)
※法人の場合:投資をされた当該法人の役職員(グループ会社等除く)

優待対象期間

2019年8月1日~2021年7月31日(2年間)
※投資運用期間になります。
※優待対象外の日程が設定される場合がございます(年末年始・GW・お盆期間等)

※「The Canvas Hayama Park」については総室数の関係から、上記対象外の日程以外でも月単位で優待利用可能日が制限される場合がございます。

優待内容

株式会社エヴァーブルースカイが運営している全物件にて10%割引

優待の使用条件

対象者様専用ページ(割引適用後のページ)によるWEB予約のみ
※他の割引又はキャンペーン等との併用はできません。

優待ご利用においての注意事項

  • 優待割引は宿泊料(素泊まり)のみとさせていただきます。「ちくらつなぐホテル」の料飲や体験プログラムなどは対象外となります。
  • 「The Canvas Hayama Park」は施設として料飲提供がありませんのでご注意ください。
  • 予約は対象者が予約して頂くことを前提に、個人の場合二親等以内のご家族だけでも宿泊可能とします。(本人が不参加でも可)。
    また、法人は当該法人の役職員が宿泊して頂くことを前提に、ご家族やご友人がご一緒頂くことが可能となります。(当該法人の役職員である本人の参加が前提)。
  • その他、優待に関する詳細は別途メールにてご連絡いたします。

募集金額

23,760 万円/23,760万円

成立下限額: 12,000万円

100 %
想定利回り
(年利)
5.0% *
想定運用期間
24ヶ月
想定初回配当日
2019/09/30
最小投資金額
1万円
募集期間
2019/07/05 20:00
〜 2019/07/11 20:00
*

1年目:4.0% 2年目:6.0%

ファンド概要

「第16号千倉ホテルファンド」(以下、「本ファンド」)は、株式会社エヴァーブルースカイ(以下、「EBS社」)が運営を行う宿泊施設である「ちくらつなぐホテル」の建物及びその所在する土地を取得・運用します。
本ファンドでは、ちくらつなぐホテルを転貸するマスターレッシー(転貸人)である株式会社ブリッジ・シー・エステートからの賃料収入を原資として、投資家の皆様へ毎月配当をお支払いします。
本ファンドでは、EBS社の事業計画を精査の上、開業年度(2019年8月1日~2020年7月31日)は開業直後の立ち上げ期であることから利回りを4%に抑えて設定しつつも、次年度(2020年8月1日~2021年7月31日)は、開業直後と比較して安定した収益が見込まれることから利回りを6%に設定し、平均で年利5%の配当を行うこととしました。

本ファンドで行う投資が目指すもの

本ファンドは、第1号浅草ホテルファンド、第9号駒込保育所ファンドに続く、大型案件となります。本ファンドでは新たな試みとして、老朽化し運用されなくなった地域のシンボリックな施設の再生を通じて、地域の一次生産者との連携を深め、雇用の促進を図ることによる地方創生と、投資家の皆様に安定的なリターンを提供する投資採算性の確保を両立することを目指します。
安定的なリターンを提供する不動産投資の観点では、新規開業プロジェクトであること、物件が地方に所在することはリスクと捉えられます。そこで、想定運用期間2年平均で5%という利回りを設定しつつも、劣後出資比率をこれまでのファンドよりも多い約20%とすることで、投資家の皆様のリスクを一層軽減しています。
CREALでは今後も、人口急減・超高齢化という我が国が直面する大きな課題に対し、不動産投資型クラウドファンディングというプラットフォームを活用し、各地域がそれぞれの特徴を活かした自律的で持続的な社会を創生することを目指します。また、投資家の皆様が、それらの不動産から安定したリターンを享受できるよう、適切なアセットマネジメントを行い、良質な投資の機会を提供してまいります。

投資のポイント

1. アクタス監修によるフルリノベーションによる体験型新コンセプトホテル

ちくらつなぐホテルの前身は、東京学芸大学附属世田谷小学校の保養所として使われていた施設「青山荘」(せいざんそう)でしたが、老朽化・耐震等の課題から2011年以降使用されなくなっていました。
本ファンドでは、子どもたちの学び舎であった当初の建物を活かしつつも、新たに「町を遊び尽くす、家族の学び舎」というコンセプトを持った宿泊施設として蘇らせることで耐震補強工事を含むフルリノベーションを行います。
今回のリノベーションにあたっては、「ACTUS」に代表されるインテリアブランドを展開する株式会社アクタス(以下、「アクタス」)の全面的な協力を得られており、同社の監修の下で施設全体の設計・デザインを行っております。
内装、什器、備品についてもアクタスの監修によるものであり、ホテルの随所にアクタスの世界観を感じることができます。
また、4,000㎡を超える敷地内の、広い中庭部分を整備し、芝や様々な植栽を植え、憩いの場としてしつらえつつ、新たにテント区画を設けるなど、豊富な自然に身近に触れ合うことの出来る環境も作り出しています。

2. 自然、アクティビティ、豊富な観光資源に恵まれたホテル

ちくらつなぐホテルは、「町を遊び尽くす、家族の学び舎」をコンセプトに、東京に在住するファミリーをターゲットとした宿泊施設です。
自然に恵まれた環境であり、千倉の海まで徒歩1分です。施設内にも広い庭が広がり、約10mもの大きなタブの木をシンボルとしながら、庭の一画ではテント泊も行えるほか、中央にはキャンプファイヤーが行える場所もあり、バーベキューも楽しむことができます。
また、自然だけでなく、「町を遊び尽くす」の言葉に表されるように、千倉にまつわる様々な体験・アクティビティのプログラム作りが進められています。
地域の方のご協力を得ながら、農業体験、漁業体験、サーフィン体験等々が計画されています。
周辺では、高家神社(料理に関わりの深い祖神をまつる)、野島崎灯台(日本の灯台50選)、道の駅ちくら潮風王国、ちくら漁港の朝市、屏風岩、白間津の花畑、ローズマリー公園といった観光スポットがあるほか、広域のエリアでは、鴨川シーワールド、マザー牧場、東京ドイツ村、三井アウトレットパーク 木更津、海ほたるといった観光資源があり、非常に観光資源の多い立地といえます。

3. 不動産投資のバックグラウンドを持つ優良な運営者

EBS社及び親会社である株式会社ブルー・スカイ・アソシエイツ(以下、「BSA社」)は、葉山にて御用邸の並び葉山公園至近にThe Canvas Hayama Parkというヴィラ3棟を運営しており、雑誌やテレビ等数多くの媒体に紹介されております。
同施設は、企画・開発からBSA社が関わっており、2016年11月の開業以降、Booking.com Guest Review Awards2017・2018、Relux Ranking2018年上半期編Vacation Home第5位を受賞するなど、宿泊施設として非常に高い評価を受けており、順調に稼働を上げて、予算を達成しています。
BSA社は、金融アドバイザリー事業、不動産コンサルティング事業、投資事業を行う企業であり、全国各地の不動産案件に関わる中で、多くの不動産投資事業の知見を有しています。
金融・不動産ノウハウを強みに、地方に画一的なハコモノを展開するのではなく、ストーリーがあるモノ、その地域の資産足り得るモノを宿泊施設として再生するというミッションを掲げた企業です。
なお、本ファンドでは、当社(株式会社ブリッジ・シー・キャピタル)のグループ会社である、株式会社ブリッジ・シー・エステートのマスターリースを採用することにより、安定的な配当の達成を目指す仕組みづくりを行っています。