成立

(仮称)CREAL ロジスティクス伊奈町

想定利回り(年利)
4.8%
インカムゲイン相当
3.2%
キャピタルゲイン相当
1.6%
想定運用期間
2023/12/27 〜 2025/12/26
24ヶ月
想定初回配当日
2024/01/31

以降の配当スケジュールは こちら

募集金額
156,200万円/ 156,200万円
成立下限額
146,200万円
100%
募集期間
2023/11/20 20:00
〜 2023/12/24 20:00

上記の内容は想定であり、確定したものではございません。
運用期間の終了時期は前後する可能性がございます。 その他詳細は こちら

2023年12月27日~2025年12月26日:賃料収入有り(1月、4月、7月、10月の各月末に配当)
売却時:【運用期間×4.8%-既配当額】の配当(売却益の範囲内)
なお、 取得日以降、随時売却活動を行い、売却先が見つかり次第売却を行う予定です。

ファンドのアピールポイント

自動車道の位置図

成長産業のeコマース市場を支えるアセットタイプである物流施設への投資
  • 2020年以降はコロナ禍において在宅の時間が増えたことによって宅配便の個数が大きく上昇し、eコマース(※)を始めとする物流ニーズの拡大がみられました。さらにAI活用の高度化などによりeコマースを利用する消費者ニーズは多様化し、多頻度小口化輸送が求められるようになっています。これらの受け皿となる物流施設への投資は今後も高い需要が見込まれると考えられます。

※eコマースとはElectric Commerceの略称でインターネット上で行われる物・サービスの売却あるいは購入のことをいいます。

圏央道のI.C.に近く交通利便性に優れる物流施設
  • 本物件は埼玉県桶川市加納の首都圏中央連絡自動車道(以下「圏央道」という。)「桶川加納I.C.」から約5.2kmの場所に位置しています。圏央道を利用することで、大消費地である首都圏エリアへの配送拠点の立地としても物流適地となっています。また、工業専用地域の「伊奈工業団地」の区画内にあり、産業集積地にも程近い場所に位置しています。
バリューアップのため外壁塗装及び防水の大規模改修工事を実施予定
  • 本物件の運用開始に当たり、資産価値維持向上のため、約2,400万円(税抜/工事予備費300万円含む)の費用をかけて外壁塗装工事、防水工事の実施を予定しています。建物の美観と耐久性を向上させることで売却時に売却損が生じるリスクを低減いたします。

主要なリスクとリスクヘッジ

売却時に売却損が生じるリスク

本件は現行の賃貸借契約が2025年8月31日に期限を迎えることから、賃貸借契約が更新されない場合、物件売却時の交渉が難航してしまう可能性があります。物件売却時に売却額が想定を下回った場合、キャピタルゲインが減少したり、出資元本が毀損するリスクがあります。本リスクの軽減のため、本ファンドでは優先劣後構造を採用しております。
第三者の不動産調査報告による鑑定評価を取得し、また、周辺取引事例との比較を行うことなどにより、適正価格での取得に努めております。なお、 取得日以降に随時売却活動を行い、売却先が見つかり次第売却を行う予定です。

※図は、優先劣後構造の仕組みを説明するためのものであり、実際の優先出資・劣後出資の割合を示すものではありません。

売却時リスクを軽減する仕組み