運用完了

レジデンシャル・アート代々木公園

東京都の人口推移

東京都全体で人口流入・増加が続いております。2019年では東京都全体で約1,394万人となっており、2009年の数値と比較して約80万人の人口流入・増加が見られます。
<出典>
東京都「人口の動き」
〈https://www.toukei.metro.tokyo.lg.jp/jugoki/2019/ju19q10000.htm〉

渋谷区の人口推移

渋谷区の人口は人口流入・増加が続いております。2019年では約22.7万人となっており、2010年の数値と比較して約3万人の人口流入・増加が見られます。
<出典>
渋谷区「統計・データ」
〈https://www.city.shibuya.tokyo.jp/kusei/tokei/jinko/nenbetu.html〉

東京都の単身世帯数予測

東京都の単身世帯数は増加しており、予測では2035年に365万世帯となる見込みです。2015年の数値と比較して約50万世帯の増加が見込まれています。
<出典>
東京都「東京都の統計」
〈https://www.toukei.metro.tokyo.lg.jp/syosoku/sy-data.htm〉

渋谷区の単身世帯数予測

渋谷区の単身世帯数は増加しており、予測では2035年に103,774世帯となる見込みです。2015年の数値と比較して約19,000世帯の増加が見込まれています。
<出典>
東京都「東京都の統計」
〈https://www.toukei.metro.tokyo.lg.jp/syosoku/sy-data.htm〉

東京都の世帯人員推移

東京都の世帯人員数は年々減少しております。2020年には 1.9人となっており、2010年の数値と比較して約0.1人の減少が見られます。
<出典>
東京都「東京都の統計」
〈https://www.toukei.metro.tokyo.lg.jp/juukiy/jy-index.htm〉

渋谷区の基本情報

基礎情報

渋谷区は、東京都 23 区の西南に位置しています。いわゆる都心6区にも数えられている、東京都を代表する区のひとつです。中心部には、明治神宮や代々木公園、新宿御苑の一部、オリンピック記念青少年総合センターなどの公園やスポーツ施設があり、これらは渋谷区の面積の 10 分の1を占めています。


主要な駅・地域について

都内屈指の繁華街「渋谷」をはじめ、学生に大人気の街「原宿」、数々の映画やドラマのロケ地でもある恵比寿ガーデンプレイスで有名な「恵比寿」、高級ブティックが軒を連ねる「表参道」など、都内でも主要な商業エリアが集まる一等地といえます。


企業について

渋谷区は、数多くの上場企業が本社を構える経済の中心区でもあります。特にIT系企業大手(株式会社サイバーエージェント、株式会社ディー・エヌ・エー、GMOインターネット株式会社、株式会社ミクシィなど)の本社が多く集まっております。渋谷駅には、JR線が3路線、地下鉄が3路線、私鉄が3路線乗り入れているため、IT系企業の社員の多くは、利便性の面からも渋谷駅の沿線駅に居住することが多く、沿線駅の賃貸需要は今後も堅調と予想されます。


開発計画について

渋谷駅周辺は、渋谷ヒカリエ(2012年開業)を皮切りにして、渋谷ストリーム(2018年開業)、渋谷フクラス(2019年開業)など大規模な再開発が進んでおり、2019年11月には「渋谷スクランブルスクエア第Ⅰ期(東棟)」が開業しています。今後も、渋谷駅桜丘口地区(2023年度竣工予定)、渋谷スクランブルスクエア第Ⅱ期(中央棟・西棟、2027年度開業予定)など、数多くの開発プロジェクトが予定されております。
<出典>
東急株式会社「渋谷再開発情報サイト」
〈https://www.tokyu.co.jp/shibuya-redevelopment/index.html〉